節分祭豆まき神事のご案内

節分祭 豆くばり神事 のご案内
2月3日午後4時(祭典開始) ~ 4時半迄

本年の節分祭は、
新型コロナウィルス感染拡大を受け、
混雑を避けるため、
祭典終了後執り行われる毎年慣例の
『豆まき神事』を、
令和3年同様、
『豆くばり神事』に変更して
実施致します。

『豆まき』を毎年楽しみにして頂いている
ご参拝の皆様方には、
大変心苦しく思う限りでございます。

ぜひ『福豆』をお受けになり、
今年の無病息災・開運厄除を
お祈りくださいませ。

コロナ禍の中、例年と異なる対応が続き、
ご迷惑をお掛け致しますが、
何卒ご理解とご協力を賜ります様
お願い申し上げます。

篠崎八幡宮
   

節分厄除祭 豆まき神事

立春の前日を「節分」といい、希望に満ちた新しい春を迎えるために除災招福の願いを込め「豆まき」をするのが古くからの習わしです。

煎った大豆をまいて鬼を払うこの行事は、中国の習慣を取り入れたものであり、室町時代に始まったとされています。

かつては「追儺(つい名)」「鬼遣(おにやらい)」といわれ、宮中の年中行事のひとつでした。

鬼に扮した人を追い払うことにより、邪気や災厄を払い除くというこの儀式が次第に民間に伝わっていったのです。

篠崎八幡宮では、
隋神門にて日本一美人な大お多福さんがお出迎えし、笛と太鼓が奏でられるご神殿にて祭行される厳粛な節分祭祭典ののち、神楽殿にて豆まきが行われ、境内は多くの人々で賑わいます。

節分ギャラリー

▲上へ