HOME / ACCESS / 篠崎八幡宮の紹介 / 御祭神
■ HOME
■ 篠崎八幡宮の紹介 ▽
  ・境内
■ ご祈願のご案内 ▽
  ・御社殿での御祈願
  ・人生儀礼とおまつり
  ・戌の日 安産祈願
  ・赤ちゃんのお宮参り
  ・祝 七五三 詣
  ・祈 交通安全
■ 神前結婚式 ▽
  ・挙式のご案内
■ 厄除 方除 八方除 ▽
  ・今年の厄年と祝年
  ・方除の信仰と星祭
■ 祭事暦 ▽
  ・祭典行事
  ・季節のお知らせ
■ 出張祭典 ▽
  ・工事・建築関係の諸祭儀
  ・その他の諸祭儀
  ・神葬祭
■ 蛇の枕石の昔はなし ▽
  ・篠崎宮と白蛇と竜神
■ 道案内 ▽
  ・交通のご案内
  ・リンク集
  ・神社ご近所物語
篠崎八幡神社へようこそ!


『人生儀礼・祈願成就の社』

北九州市小倉の歴史ある
『篠崎八幡神社』
が管理する公式サイトです。



 御祭神





 多岐都比賣命
   (以上、宗像三女神)

 玉依比賣命





  応神天皇(おうじんてんのう)

 諱を品陀和気命(ほむたわけのみこと)と称し、
仲哀天皇の第四子として息長帯比賣命(おきながたらしひめのみこと)、
すなわち神功皇后との間にお生まれになりました。

応神天皇は御神託により、生まれる前から天下を治めることを告げられ、
また臨月を迎えていた母、神功皇后は「事を終えて無事出産するように」と
祈念をこめた石、「鎮懐石(ちんかいせき)」を腰にはさみ、出産を延ばしたうえ男装して出陣。

三韓征伐より凱旋ののち、筑紫にて無事ご安産されました。

以来、応神天皇はその神秘的な出生から胎中天皇とも呼ばれました。

北九州、福岡の八幡神社には大変なじみが深く、たくさんの伝承を各社に残しております。
古事記によれば百三十歳まで存命だったといわれています。






  神功皇后(じんぐうこうごう)

 諱を息長帯比賣命(おきながたらしひめのみこと)と称し、「古事記」「日本書紀」において、
仲哀天皇の死後百歳で亡くなるまで摂政として政治を行ったとの記述もあり、
いわば最初の女帝ともみなされています。

巫女的伝承も多く残され、みずから神がかりして神託を行っておりました。






  仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)

 日本の神話の中でもっとも有名な英雄、倭健尊(やまとたけるのみこと)の第二子で、
諱を足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)といいます。

叛乱平定のため、奇しくも父と同じく熊襲征伐に向かいますが、そのさなか病没。

しかしながら九年間の短い治世において積極的に活動され、巡幸も多く、複数の宮も造られたといいます。

九州北部に、多くの足跡を残されております。






  宗像三女神
    多紀理比賣命(たきりひめのみこと)
    市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)
    多岐都比賣命(たきつひめのみこと)

 天照大神と素戔鳴尊との誓約において、素戔鳴尊の剣より生まれた三女神。
宗像の三女神ともいい、その名のとおり宗像神社の御祭神として有名です。


 多紀理比賣命は、沖ノ島の奥津宮に鎮座し「霧の女性」を意味しています。

霧深い海の中にぽつんと佇むさまを表すのかもしれません。


 市寸嶋比賣命は「神に斎(いつ)く女性」の意味で、身を清浄にして神に仕える樣を表します。

宗像の大島、中津宮に鎮座します。


 多岐都比賣命は「激流の女性」を表し、田島の辺津宮に鎮座します。


 三女神の鎮座する島々は古来、北九州と大陸との航路の要ともいうべき大切な場所で、
海上安全のために古代の渡航者が、神に祈りをささげる神の島として尊崇されていました。

そのため海上安全、転じて交通安全の神として広く知られ、全国の神社に勧請されております。






  玉依比賣命(たまよりひめのみこと)

 神の御霊の依りつく巫女」の意味。

 姉の産んだ鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)を養育し、後にその妻となり、
初代神武天皇をお産みになりました。


  【篠崎八幡神社 ―北九州市の八幡様―
〒803-0861 福岡県北九州市小倉北区篠崎1-7-1
TEL:(093)561-6518 FAX:(093)581-0674

SITEMAP  お問合せ   
Copyright(C) Shinozaki-Hachima-Jinjya All rights Reserved